エクセルシオは、近現代作品の演奏にも高い評価を得ています。

代表的な実績としてはまず、2000年の第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コ ンクールにおいて、課題であったサルバトーレ・シャリーノの弦楽四重奏曲第7番の 演奏に対し、作曲家自身から贈られる特別賞を受賞したことがあげられます。 また、多くの現代音楽祭や現代音楽シリーズでは、高度な技術や解釈による緻密な再 現力を持つ演奏として、その評価は非常に高いものです。

多くの作曲家たちは、室内楽の中でもとりわけ弦楽四重奏という完成された形態に対 する要求を高く持ち、「自分自身の作曲過程のある到達地点」として、完成度の高い 作品を作り上げてくることが常です。
エクセルシオは、高度な技術や、難解な解釈を必要とする作品でも、多くの時間をか けて取り組んできました。
複雑なリズムやピッチの微細化、頻繁に行われるテンポ変化、目まぐるしい特殊奏法 など、あらゆる技術を投入して作られた作品をその音楽の意味を深く探りながら、確 実に、大胆に、丁寧に一つ一つ音作りを進めて行きます。
手間を十分にかける事により、作曲家の意図を「音」として忠実に再現する事ができ るのです。
それは私達エクセルシオに、作曲家の要求に答えられる能力だけでなく、常設の団体 の強み、年間を通した「継続力」があるからこそ導き出される結果なのです。

主な演奏歴としては、
国際現代音楽協会横浜「世界音楽の日々」2001横浜大会、
日本作曲家協議会主催アジア音楽祭2003、
東アジア国際現代音楽祭、
ウズベキスタン日本大使館主催現代音楽演奏会、
日本の作曲21世紀への歩みシリーズ(200?〜2007年)、
OTOの会演奏会、
そのほか、「ラボ・エクセルシオ」と題する第一生命ホールでの共催企画において、 「世界巡り」(2001年〜06年)シリーズとして各国の近現代作品を取り上げ、また、 07年からは「20世紀 日本と世界」と銘打った現代音楽シリーズを開始するなど、邦 人・海外作品を問わず多岐に渡ったレパートリーがあリます。

現代作品、特に新作からは当然、今まで聴いたことのない、新しい「音」が生まれま す。それは誰もが接したことのない新しい音楽です。
新しい音楽を聴く事によって今までと違った感覚を呼び起こし、聴きなれていると思っ ている音楽も、またひと味違う印象であなたの耳に届くはずです。
現代作品を聴くことは、自分の音楽を聴く「耳」の可能性を広げることなのです!